世界的なコロナ休校に伴い、Audibleが子ども向けの本を無料開放中

スポンサーリンク
コロナ休校は耳で楽しむ本で英語漬け
コロナ休校で引きこもり生活を強いられて、ストレスをためていませんか? hanaは読書が大好きなので、一日中本を読んで飽きずに過ごして...

前回、コロナ休校中はAudibleで英語の物語を聞かせていると書きましたが、そのAudibleが休校中の子どもたちがAudibleを聴けるよう、子ども向けの本を無料で開放しています。

Audibleで無料開放中のタイトル

英語だけでなく、フランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、日本語の6か国語の本が対象で、ホームページにアクセスすると、英語の本は年齢別に、その下に言語別に分けて表示されているので、読みたい本も探しやすくなっています。

正規購入した書籍のように、ダウンロードして聴くことはできず、サイトから直接ストリーミング再生する形で、メンバー登録も専用アプリも必要なく、PC、タブレット、スマホのブラウザ対応なので、Audibleが初めての方でも簡単に聴くことができますよ。

ダウンロードできないと、通信状況によって途切れたりのトラブルがあるので、自宅のWi-Fiでダウンロードして持ち出せることは大きなメリットですが、今回の無料開放は、コロナ休校で自宅にいる子どもたち向けてなので、ストリーミング配信であっても、自宅で聴く分には十分です。

ストリーミング再生で心配なのが、聴くのを中断した場合、同じところから再生できるのか?ですが、Audibleのホームページには途中で聴くのを中断しても、最後に聴いたタイトルは、同じ端末、ブラウザを使っていればそこから再開することもできると説明がありました。

本によっては、数時間にもわたる作品もあるので、中断して再開できるのはうれしいですね。ちなみに、Aを途中までで聴いた後、Bを聴いて、Aの途中から再開はできないとありますので、その点は注意ですね。

小さい子向けには本だけでなく、歌やナーサリーライムなどのタイトルもあり、長い物語はまだ楽しむのが難しい小さな子でも十分に楽しめますよ。

で、我が家の小1hanaは、、、英語の本ではなく、日本語の本に目をつけまして、、、1冊目に選んだのはマジック・ツリーハウスシリーズの「恐竜の谷の大冒険」。

いやいや、英語の本を聴いてよ~と思うのですが、実は無料開放される前に、マジック・ツリーハウスシリーズの英語版を購入して聴かせていたのです。

ラボ・ライブラリーのように、英語と日本語の両方で聴かせることができる貴重な機会。

日本語のAudibleは購入するつもりはないので、無料開放期間中に日本語で聴かせることでさらに興味を持ってくれるなら万々歳です。

ピンチはチャンス。無料開放中のこの期間に、ぜひAudibleを試してみてくださいね~~!

Audible (オーディブル) – 本を聴くAmazonのサービス
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。