コロナ休校は耳で楽しむ本で英語漬け

スポンサーリンク

コロナ休校で引きこもり生活を強いられて、ストレスをためていませんか?

hanaは読書が大好きなので、一日中本を読んで飽きずに過ごしています。が、本を読みたいがあまり、下手をすると着替えや食事、、、最低限の時間さえもめんどくさがる始末。

あまり読みすぎると視力にも悪影響を与えそうですよね。

そこで思い出したのが、アメリカの友人たちから教えてもらってたAudible。

公共の交通機関で移動することが多い日本では、本を読みながら移動できますが、車社会のアメリカで生活している友人は、運転中に本を読むことはできないし移動時間が長いから、移動中に本を聴いていると言っていたのです。

Audible (オーディブル) – 本を聴くAmazonのサービス

まず、購入してみたのが、少し前から寝る前に英語で読み聞かせをしていたエルマーのぼうけんシリーズ。

「エルマーのぼうけん」「エルマーとりゅう」「エルマーと16ぴきのりゅう」の3冊が収録されたものです。

英語で3作を聞いかせてみて、hanaに感想を聞いたところ好評で、「わからない言葉もあるけど、面白かった。これ、日本語の本もあるんでしょ?読みたい!」

というわけで、図書館で日本語の本も借りてきて、日本語で「エルマーのぼうけん」と「エルマーとりゅう」を読み、3作目の「エルマーと16ぴきのりゅう」を予約中。

本に向かう時間を減らすために取り入れてみたAudibleでしたが、結局、英語で聞いた本を日本語で読むという、新たな読書に向かわせてしまったのですが、日本語で読んだことで、英語だけではわからなかった場面も理解ができたようです。

1年生になって、英語の読み書きも勉強して読む力はついてきていますが、日本語の本を読む楽しみを知ってしまったがゆえに、英語で本を自分で楽しむのがまだ難しいようです。

エルマーのぼうけんシリーズを購入してまだ数週間ですが、今でもほぼ毎晩、寝る前の読み聞かせ代わりに、何度も繰り返し聞いているので、ある程度内容を覚え、そして飽きてしまう前に文字と合わせて聞けるよう、英語の本も与えてみようと思っています。

ちなみに、エルマーのぼうけんシリーズ、3歳になったばかりのoriも一緒に聞いていますが、まだこれといった英語教育を始めていないので、英語を理解してるとは思えないのですが、とっても気に入っていて、喜んで聞いています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。