児童英語指導者への道〜ラボとの出会い

スポンサーリンク

ネットの不調とこの冬増やした子どもの習い事の送り迎えでズルズルと更新をサボり、久しぶりの投稿になってしまいました。

週1ペースで更新したいと思いつつ、NURO光が開通するまで放置する気だった(オイッ)んですが、えいごで子育てをする上で、私が以前から気になっていた習い事の指導者講習を受けることにしたので、その記録も兼ねて更新を再開することにしました。

その習い事とは、知る人ぞ知る?ラボパーティ

いわゆる英会話や文法といった英語を学ぶのではなく、歌と絵本とその音源CDを教材にコミュニケーション力と表現力を養うお教室です。

コミュニケーションと表現力なので、英語の習い事で一般的に求められる、英語で会話ができるようになった!英検に合格した!といったわかりやすい結果が見えないのです。

そのため、ラボをしてる子どもたち(通称ラボっ子)の多くは、親もラボっ子である、友達がラボっ子で、自分もやりたかった!とラボ経験者とつながりがある子が多いようです。

実際、私がラボパーティを知ったのも、お兄ちゃん、お姉ちゃんがラボっ子だったけど、年齢に達した時に、そのパーティが解散して通えなかった(涙)から子どもにやらせてるんだ!と言うお友だちから聞いたのがきっかけです。

実は4年前、hanaがまだ1歳の時に↑のお友だちに誘ってもらい体験に参加しました。

その時の感想をFacebookに投稿してました〜!

午後からお友だちの通ってるラボ・パーティの体験に連れてってもらいました。

電話や資料作成はあったけど、ひっさしぶりに一日娘と向き合って過ごす時間が取れて娘もとてもうれしそうで、朝から晩まで異常なほどのハイテンション!

ラボ・パーティは英語と日本語の歌と絵本で体を動かして表現力を養うってやつかな?

初めての場所にも関わらず、まるでずっと通ってたかのように、終始楽しく動き回ってました。英語の習い事として考えると、物足りないけど表現力は鍛えられそうだな〜。

なによりも、あんなに楽しそうな娘の姿が見られて私もうれしかった〜。

詰め込みすぎはあかんなーと反省した一日です。

Mちゃんありがと〜!!楽しかった♪

こんな風に書いてるのに、結局始通わなかったんですよ。笑

この後、バタバタと引越しが決まり、通えない距離ではないけど、当時は車がなかったので、1歳児を連れて片道1時間弱、3回の乗り換え、 往復1000円以上かける気にはなりませんでした。

その後車を手に入れて、近くのパーティにも見学に行ったんですが、噂に聞いていた、パーティは指導者で雰囲気が全然違うを目の当たりにし、そのパーティでは、hanaは前回ほどイキイキしてなくて、通うまで行かなかったんです。

まっ、その後すぐに今のインターナショナルプレスクールに通い始めたので、とりあえず満足したのです。

なんだか長くなりそうなので、記事を分けますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。