『Anno’s Counting Book』

スポンサーリンク

11月の週末にCHICのホリデーバザーがありました。

そこで、カナディアンアカデミーで活動している英語のガールスカウトが古本の販売をしていたので、ちょっとのぞいて何冊か購入してきましたよ♪

英語の絵本は、一般書店ではなかなか手に入らないし、探すのも一苦労。本によってはお値段も張るので、古本で安価に手に入るのはありがたい!!

六甲アイランドでは年に数回、こういった機会があるのでここぞとばかりに絵本を買いあさってしまいます。

今回購入したうちの1冊がこちら。

言わずと知れた安野光雅さんの絵本。

先日、私の職場に娘を連れて行った時日本語版の本を気に行って見ていた娘。

娘が見ているのを遠目に眺めているだけでしたが、今娘はとても数字に興味があるので、ページを開いては木や家や鳥などなど、とにかくページにあるものは何でも数えて楽しそう。

ところが、家に帰ってページを開いて見てみると、この本、数字と絵だけで文字がない!(汗)

この本を見つけた娘はがっちりつかんで離さないし、私自身はこれまで数ページちらっと見ただけだったので購入するまで全く気づきませんでした。

でも、この本、ほんわかとしたイラストで街に人が増え季節が移り変わる情景を見事に描き出していて、文字がなくてもちゃんと物語を語っています。

日本語と英語の読み比べから感じることでも、

字を読めない時は、文字も含めて、そのページすべてが視界に入ってくるので、何度も同じ絵本を見るあいだに、本当に絵本の隅々まで見ているのです。

と書いているように、文字がないからそこ感じる絵本の世界観があると思うのです。

日本語と英語の絵本の読み比べから感じること
最近、娘がはまっている絵本がさんびきのこぶた。 日本語の絵本は『はじめてのめいさくしかけえほんシリーズ』で、1・2歳向け?の本...

英語の絵本を買ったー!と思っていたので、文字がないことに拍子抜けしてしまいましたが、Amazonで日本語版を新品購入したら1728円するようなので、英語のペーパーバックとはいえ格安で購入できたのはうれしいです。

日本語版はこちら

眺めているだけで癒されます。

スポンサーリンク

Community House & Information Centre

住所: 神戸市東灘区向洋町中5-15
ジ・アンタンテ マーケットシーン 3F
Tel: 078-857-6540 / Fax: 078-857-4789

Web page: http://chickobe.com/wordpress/
facebook page: https://www.facebook.com/CHICKOBE/
Email: information@chickobe.com

開館時間: 月~金 9:30 a.m. - 3:30 p.m.
閉館日: 土日・祝日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。